ホーム > スポーツを楽しく続ける > スポーツをするときに膝を痛めない為には

スポーツをするときに膝を痛めない為には

私は以前サッカーをしていました。

そして、サッカーを始めたばかりの時は膝がとても痛くなることが多かったです。
この膝痛には原因があります。

それは、膝にとても負担がかかってしまう事です。
ですから膝に負担をかけなければ膝痛が改善されていくと思います。

当時の私は、運動をあまりしたことが無かったので体の使い方が下手でした。
ですから余計に膝に負担がかかってしまっていたようです。
ですから、体の使い方が上手になれば良いのです。

ではどうしたら体の使い方が上手になるのでしょうか?

その答えはとても単純です。
要するに沢山ジョギングをすればよいのです。
運動が苦手なのにジョギングなんてできないと思うかもしれません。

しかしそれは逆なのです。
まずは走るというスポーツで必要な基本動作を徹底的に練習するのです。
ジョギングをすると言ってもプロランナーの様な速さで走る必要なありません。

自分が楽だと思うくらいの速さで、適度に休みながら走れば良いのです。
そして長い間継続することです。

そうしていくうちにだんだんと体の使い方が分かってきます。
そして膝は痛くならないようになっていきます。