ホーム > 山登りのトラブルを防ぐ > 山登りの膝痛と予防法

山登りの膝痛と予防法

富士山が世界遺産に登録をされ、中高年を中心に多くの人が山に登るなど、
近年に無い登山ブームが起きています。

しかし、普段は平坦な地形を歩いてばかりいたり、あまり歩かないでいる生活を送っている人が、思いつきで登山をしたところで、山の危険やアクシデントに手痛い洗礼を受けてしまいます。

そして、そのアクシデントの中の一つに膝痛が有ります。
膝痛の発生原因は、山を登る時、急な傾斜地や階段を歩く際、特に膝に負担が掛かってしまい、膝の筋肉や神経が激しく損傷を起こした為、膝痛が発生するのです。

まして、山登りは重たい装備品を背負って、長い距離を歩きます。
普段は、その様な事を普通の人は行わないので、なおさら膝に負担が掛かります。

山登りを行う際に、膝痛を起こさない為の予防方法としては、普段から長い距離を歩き、膝と足腰の筋肉を鍛えておき、時間が有れば、想定される重さの装備品を背負って近くの坂を上り下りするなどして、トレーニングをしっかりと行う事です。

そして、実際に山に登る際にも、杖を使ってゆっくりとマイペースで登る事です。

それでも膝痛が起きた場合は、あきらめて下山をする勇気も必要です。