ホーム > 山登りのトラブルを防ぐ > 登山の膝痛対策あれこれ

登山の膝痛対策あれこれ

膝が痛いのに山なんぞ登らなきゃいいのに、といわれそうですが、
それほどまでに山は魅力的なのです。

最近は山ガールなどといって、若い女性が登山をやりはじめているようですが、
それ以前は中高年が山の主役でした。

しかし、高齢となると体や体力が言うことをきかなくなるもので、
腰や膝などといった部分が痛み出してくる人も多いものです。

地上であればいくらでも対処がきくのですが、高山となると、
仲間に迷惑をかけることになるか、単独行であれば自分でどうにかするしかありません。

膝痛対策としてよくいわれるのが、コンドロイチンなどのサプリメントでしょう。

これによって磨り減った膝の軟骨をサポートするというものですが、普段の生活から取り入れなければ意味がありません。

その他には太股やふくらはぎなど、膝回りの筋力の強化、太っていればダイエットとなるでしょう。

登山の最中であれば、荷物の軽量化やダブルストックにしてすこしでも膝への負担を軽くする事です。

また、膝への負担が大きいのは下山時であり、登山用の膝サポーターやサポートタイツといものを利用してみるのもよいでしょう。