ホーム > 山登りのトラブルを防ぐ > 日頃の筋力強化と登山用のシューズで

日頃の筋力強化と登山用のシューズで

最近、山登りがブームです。
富士山においては、あまりにも山登り客が多いので料金制となりました。
山登りは、健康にいいです。

それだけでなく、ストレス解消にもなります。
登る途中の景色なんかも素晴らしいです。

山登りをすると全身の筋肉を使います。
人によって違いますが、足首、膝、腰等の筋肉に張りや痛みを感じる場合があります。

それらの部分は、山登りで負荷が掛かっているからです。
今回は、膝について取り上げてみます。


膝痛は、筋肉で関節を完全に覆う事ができていないため、起こる現象だと言われています。
つまり、筋肉を鍛える事によって関節に掛かる負荷を軽減する事が出来るのです。
とは言っても、膝の筋肉だけを鍛える事は、現実的でありません。
プロスポーツ選手なら、専用のトレーニング施設やコーチの下、鍛える事が可能です。
しかし、一般人には、無理でしょう。


一般人にできる事といえば、普段から出来るだけ歩く事やエレベーターを使わず階段を登る事です。
こういう日頃の行動が、膝を鍛える事になります。
普段何もせずにいきなり山登りをすると、膝痛になって当然と言えます。


後、登山用のシューズは、滑りにくくなっていますが、重いです。
雪道や雨が降った後でなければ、クロストレーニングシューズ等で登山すると、膝の負担も軽くなります。

他にも色々と対策が紹介されているサイトがありました。
登山の膝痛
ズバリですね。このサイトをみるとサプリも飲んでみようかと感じます。

膝にはサポーターやサプリが効果があります

足を動かすことは、とても良いことですね。 人間は足から老化が進んでいくと言われているので、足を鍛えることはとても良いことと言えます。

そしてその足を鍛えることの一つとしてハイキングがあります。
ハイキングをする事によって、気持ちもリフレッシュする事ができますね。

またなんといっても足を鍛えることができます。
そのため、是非とも続けたい習慣の一つです。

しかし、ハイキングをしていると足が痛くなる事があります。
そしてそれは膝が痛くなる事が多いです。

膝は体を支えているので、必然的にその部分が痛くなるのです。
年を取ると、余計に痛くなるので予防をすることが大切です。

その予防の一つにサポーターがあります。
そのサポーターは、膝にかかる重力を少しづつ和らげてくれます。

そのため、その一部分に重力がかかるということがないので、膝の痛みを軽くする事ができます。
また予防をして装着をする事によって、その膝への負担を軽くする事が出来るのです。

また膝が痛くなる原因の一つに、軟骨成分が少なくなっていることがあります。
そのため、その軟骨成分を体の中から補ってやることがいいのです。

その一つに、グルコサミンなどのサプリがあります。
そのサプリを毎日飲むことによって、その軟骨成分をサポートする事ができるということなのです。

またハイキングをする時には、膝への負担を減らすために筋力を付けることも大切です。
足の筋肉を付けるトレーニングも効果的と言えます。